コロナ禍を機に変革

 新コロナ禍を機に、研究会の持ち方を改革しました。

経緯; 
新・電気音響 → 感性音響論 → 突破的オーディオ → Extra HI system M で、「音楽が伝えるもの」を「正しく再生するオーディオ」を 50年あまり研究。内容は自信あるのだが、社会への根付き未だ。 新コロナゆえに、「三密の、研究会当分無理」。新展開はどうするか?
 長年研究してきたPCM(デジタル)伝送は、音のニュアンスが欠落するゆえに、参加者間のソースの伝送に使えない。
 “アナログ”信号をディジタル化せず、伝送、記録できるのは、FM ,LP, カセットです。それらは、従来オーディオの(表面的、浅い)音質評価では、PCMより悪いとされ、捨てられてきたが、違う、遥かに情感情報がある。

どうするか?
1、テレ研究会とする。 
  ディスカッションはメール。ソースは予め、主催者が送る(宅配、郵便など)。予め、寄せられたコメントは、研究会(掲示板、必要ならZOOM?)で紹介する。
2、宅配で送れるソースは、
 ①温故知新のアナログ(カセット(高度な音質に注目、従来の安物の評価は間違い)。(*1)  
 ②最高品質のディジタル(高品質CDR)。(*2)
、コアはHMラボ、支部は再生品質の保証されるExtra HI System M以上の再現力の装置を改善していく。(*3)。

(註)
(*1)直近の実験から、「Analog音質が次元的に上」を再確認。例は、LDには、直接アナログ(FM)と PCM(ディジタル)が同時記録。瞬時比較で、ディジタルが何を失ったかわかります。(analog:部屋の様子が目をつむっててもわかる。どこに楽器があるかも当然。一方、Digital:マルチマイク録音のメッキリハッキリのよく聴くいい音だが、平面的で、奥行きどころか、部屋の様子は分からない。すなわち、空気感、雰囲気、奥行き感、実在感が激減。
 M3氏からのメール; 耳で聴くのではなく身体や内臓で聴くから胸に滲み入る、魂を震わすのは解ります。そして、アナログでしか伝わらないのも、その通り思います。—–LPレコードとCDを徹底的に聴き比べました。CDは2次元的な平面的な音で、ただ音楽がかかっているだけ。しかしレコードは縦横や前後に立体感があり、目の前で演奏しているかの如くです。レコードも下手なマスタリングを行ってない盤が素晴らしい。
(*2)最高品質のCDR。(proも評価する、Premium  2. でコピーします)。
(*3)Extra HI System M Ver. 1  波面再現可のSpeaker設置のところ。 アンプ、カセットプレーヤー、CDプレーヤー、(レーザーディスクプレーヤー)改良手助け。

4、初回は、メールでスタート(コア(宮原)から案内➡希望者は参加返事);
 コアからソフト送付→各々が聴いて評、コメントをコアにメール→コア(宮原)がまとめて研究会スタート前に掲示板に提示→ 研究会デスカッション、スタート。
 掲示板上で、ディスカッション。研究会後のまとめは研究会報告、掲示板に置きます。参加できなかった人にも対応し、全員が掲示板上で分かるようにします。
以上 

HMラボ
宮原 hmlabgm@gnail.com

[深い感性のテクノロジーの起案]

 従来の、鳴ってるだけのオーディオ(「特性が良いけど音が悪い」といわれることに反論できない)を超えて、演奏者の深いものをきちんと伝えるものを求めて、“新・電気音響”、“Extra HI” 、“突破的” 等の語を使ってきました。“新電気音響”は、物理の語です。この、物理の世界を、“こころに感じる”の心理(感性)の世界につなげる(心理物理: Psychophysics)研究は、日本だけでなく世界的になく、それを正面から研究します。

承 “音質メーター”は、世界のどこにもない。私は、「人が感じる音質を測る」に、評価語を使いました。過去、評価語は“あいまい”とされてきましたが、評価者の、好き嫌いを表す主観評価語と、気分によらない客観評価語に分けられることを発見。よって、
「客観評価語と物理要因・特性、との関係(心理物理: Psychophysics)」を実験確証で求めました(年月かかりました。博士論文取得者出した)。
 その評価語を下に、多大の帰納的実験から新たに発見された物理要因・特性は、従来オーディオで注目されてきたものとかなり違うものになり、感性音響論に書きました。それを実現して、「Extra HI オーディオ」と命名しました。  
 英国のProfessorに相談した時、「super, ultraは米語だ。君は品格を主にしたいのだから、very でよいじゃないか」ゆえ、食い下がって「Extra なら許せる」でこうしました。
 従来オーディオは、信号を伝送する時の基礎学:「無歪伝送理論の周波数特性フラット、高調波歪小」ならば音が良いはず、にすぎない。
 伝送では当然理論ですがその物理を心理につなげる、心理物理過程「音を聴いてどう感動するか」の過程が抜けていました。

転 客観評価語と物理要因・特性、との関係の研究の中で、明らかになってきたのは、「人間が音を聴くのは、鼓膜で振動を聴くだけ」としてきた間違いでした。振動だけでなく波面を受信し、かつ身体でも受信(感じ)します。動物が本能的に危険を感じる重要な情報とほぼ同じと考えています。赤ちゃんは足裏で空気の気配を感じてる。これを無視したのでは、鬼気迫るような音は無理です。
 この、「人の内面(内蔵)に伝える波面の変化は、マイクでとらえられ微細な時間信号、突発的変化」となっている。指揮者の小澤征爾さんが「音楽には子音が大切」と、言っておられるのも近いと思います。
 見落されていた“時間変化”を中心に据えたのが “新・電気音響論”(物理)です。
一方、心理(感性)客観的評価語でとらえた体で感じるような評価語との関係がわかってきて、研究はどんどん進みました。 
 ある物理要因・特性を変えた時の聴こえ方の変化も、これまで、耳の良い人達が実験的に見つけても、従来オーディオで説明できず、否定されていたものがほとんど正しいことが分かりました。

結 世の中の伝送が高度、複雑になり、歪が加算されない信号伝送のために、必然的にPCM伝送(ディジタル)になり、通常の伝送の問題は解決されました。良かったです。   
 私も、理論―実際に 教えました。 音も、「これで伝送系の問題は可決」と思いきや、予測だにされなかった、「ディジタル方式は、我々の求める音楽が伝える深いものが伝わらない」という、いわゆる“ディジタル歪”問題が見つかり、もう何十年にもなるのに、解決できていません。
 例えば、お正月のBSでの、New year concertの音質は、初期は期待の音でしたが、今や、ひどい歪っぽい音で、聴く人はいないかな~当然「Extra HI オーディオ」評価では不合格な音質です。
 それは、信号の時間変化、特に精細な部分:突発的瞬時信号が壊れ、それが多段通信で加算されるようです。 いわゆるデジタルは、音楽信号に入っている深い感動に直接関係する重要な情報を壊してしまっているのです。「ディジタルは符号だから多段伝送しても音は悪くならない」の基本原理の期待は、全く裏切られた。 

 ➡ マイクの後の音をそのまま録音する「アナログに戻るしかない」が、今の結論です。勿論、旧アナログを温故知新に進歩させて。
 これは、長期の解決されるべき大問題!!!!!です。
  なお、アナログであればどれでもよいのかの経験的疑問はあります。ある程度は分かっています(参照;感性音響論)。それをひとつづつ確かめていきましょう。これまでの「狭いデジタルどんぶりの中」から外に出た、広々と魅力的な世界です。
 ◎PCM ディジタル(CD)には、既に多くの名演奏名録音があり。それらの内容を引き出すよう、ディジタルと離れず研究を続けます。感性音響URL http://niz237gt.sakura.ne.jp/new_analog/ の 研究会情報に研究結果を更新していきます。
(2021,8/29 更新)