【画像説明】  ベルリン壁解放後の第九演奏会 freiheit(自由)、レナード・バーンスタイン指揮バイエルン交響楽団中心の世界中6オケ。若き演奏者。合唱は中学生多数。東ベルリン、シャウシュピールハウス(現コンツェルトハウス)(LCDのシアン色カバーシートは、直近LCDの強烈な黄色発光を抑えるため) 【周囲説明】 吊りバーは、音場を水平方向に広げる為(トーンゾイレと同原理)

感性音響の実現形:“Extra HI オーディオ” を温故知新にアナログ原野に広げます。
ディジタル音の新しい芽は、DNDと発見。その方向に研究開発します。

革新・研究会(2010,9 ~)を始めた理由;

 深く感じる音を求めてPCMディジタルを、約50年研究したが期待の音が出ない。「Extra HI オーディオの求める音(胸にしむ、空気感(音場)、実在感(奥行き感)が必須)で、PCMディジタルとアナログ音を比較した。結果は、「アナログ>>>PCMディジタル」! となった。アナログを見直す。2chオーディオで時間(波面)をきちんと再現して、3次元音場(奥行感)を得る、を入口とする。

 比較7段階評価尺度を外挿的に伸ばすと、以下のように音質を並べられる。時間歪が問題と考えている(今後、ディジタル音は時間歪が少ないDNDを入り口に研究する)。

これ以降の研究結果は、掲示板や研究会情報に公表していきます。